ビジネスパーソンやマネージャーの「成長」を支援する竹内義博コーチングオフィス公式ホームページ

ホーム > コラム > あなたの職場は「心理的に安全な場」ですか?

コラム

あなたの職場は「心理的に安全な場」ですか?

2017/12/10

20171210.jpg

今日、コミュニケーション系ではなく、戦略系のセミナーに参加したのですが、そこで言われていたのは「良い戦略を作るには、思ったことを発言しても受け止めてくれるという風土、文化があること」が重要だということです。

これを聞いて思い出したのが、Googleが実施した社内プロジェクトです。

それは、社内に数百はあるチームの中で高い生産性をあげているチームの特徴についての調査でした。詳細はこちら(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137)をお読みいただきたいのですが、生産性の高いチームに、唯一、共通していたのが、安心して発言できる「心理的安全性」があることだったのです。

話しても遮られない、否定されない。特定の人だけが話し続けない。といった他者への配慮や共感といったものでした。

そういったチームでは、思ったことを発言しやすいので、多様なアイデアが共有され、それがヒントとなって生産性が高まり、また他のメンバーから尊重されていると感じモチベーションが上がり、生産性が高くなるという、言われてみれば「なるほど」ですね。

では、具体的に何をすれば心理的安全性の高い職場にできるのか?

傾聴のスキルは役に立つでしょう。ただ、スキルを実践するだけでは難しいと思います。その根本に相手への関心が必要だと思います。それがない傾聴は形式的になり、共感を生まないでしょう。何よりも大切なのは、自分が他の人から話をじっくり聴いてもらえた、関心を持ってもらえたという体験だと思います。

人は自分がされてうれしいと感じることは、他の人にもしたいと思うものだと思います。その気持ちがないと意識している時にはできても、意識していない時にはできなかったりします。
そういう体験を持つという点で、コーチングを体験してみるということも有効だと思います。特に、リーダーという立場にある方には、ぜひ、体験してもらいたいと思います。

リーダーが率先して、人の話を聴く職場。部下たちも「自分も人の話を聴こう」と思える職場ではないでしょうか。

まずはオンラインでの無料コーチング体験セッションへ!

コーチングというかかわり方でしか、体験できないものがあります。
自分が本当にやりたい仕事を見つけたい方。
転職を考えているが、踏み切れない方。
部下とのコミュニケーションに悩んでいる方。
まずはオンラインでのコーチングを体験してみませんか?

体験セッション予約

申込みフォームでお申込み

日時の決定

コーチングオフィスからご連絡

体験セッション

コーチングの実施

コーチには守秘義務があり、コーチングの資格を持った経験・実績のあるコーチですので、どんな悩みでも、安心してお話しください。

オンラインでの実施

時間帯 平日・土日・祝日 9:00~21:00
時間 60分
料金 無料
コーチング体験をWEBで申し込む

竹内義博コーチングオフィス

コーチング体験のことはお任せください

東京都多摩市
TEL:070-3110-3150(受付:平日9時~18時)

PAGE TOP
まずはコーチング体験セッション!