ビジネスパーソンやマネージャーの「成長」を支援する竹内義博コーチングオフィス公式ホームページ

ホーム > コラム > マネジメントにコーチングを活かすー行動を起こす②

コラム

マネジメントにコーチングを活かすー行動を起こす②

2018/04/18

20180418.jpg

コーチングというかかわり方を、単に部下の育成だけに留めず、リーダーシップの向上やチーム力の強化など、マネジメントに活用するためのコラム。第5回の今日は、「行動を起こす②」です。

前回は行動を起こそうとする時に、心の内の声「サボタージュ」を退散させることを紹介しました。
グループレベルでのサボ退治の問いかけ、「自分たちのグループ・組織は本当にこのビジョンを実現したいと思っているのだろうか?」

今回は、質問によって行動を起こすやり方をご紹介します。部下や自組織が何かに取り組むことにしていたが、なかなか行動に移らない。そんな時に使える質問です。

必要以上に不安を感じて前に進めない時
・うまくいかなかったらどうなるのですか?(致命的な結果とはならないことに気づく)
・失敗したら、次に何をしますか?(失敗から学び、次に進むことができることに気づく)

悲観的に感じて前に進めない時
・何があなたを引き留めているのですか?(思い込みや見方に嵌っていることに気づく)
・それが成功したら、次に何が起きるでしょうか?(成功したら、さらに高みに行けることを想像する)

計画を実行に移さない時
・やり遂げるために、どんな協力が必要ですか?(具体的に足りないリソースを明確にする)
・決断するにあたってどんな情報が必要ですか?(具体的に足りないリソースを明確にする)

そして、核心を突く質問があります。
それは「あなたは(このグループは)本当にそれをしたいと思っているのですか?」
これはかなりぐさっと刺さります。

質問によって、相手(またはグループメンバー)が自分の内面を見ることで、自分(または自分たち)は前へ進みたいんだという気持ちを再確認することを促します。それか「前に進まない」ことを決めることもありです。

最後にもう一つ、核心を突く質問を紹介します。
「やめたらどうですか?」

まずはオンラインでの無料コーチング体験セッションへ!

コーチングというかかわり方でしか、体験できないものがあります。
自分が本当にやりたい仕事を見つけたい方。
転職を考えているが、踏み切れない方。
部下とのコミュニケーションに悩んでいる方。
まずはオンラインでのコーチングを体験してみませんか?

体験セッション予約

申込みフォームでお申込み

日時の決定

コーチングオフィスからご連絡

体験セッション

コーチングの実施

コーチには守秘義務があり、コーチングの資格を持った経験・実績のあるコーチですので、どんな悩みでも、安心してお話しください。

オンラインでの実施

時間帯 平日・土日・祝日 9:00~21:00
時間 60分
料金 無料
コーチング体験をWEBで申し込む

竹内義博コーチングオフィス

コーチング体験のことはお任せください

東京都多摩市
TEL:070-3110-3150(受付:平日9時~18時)

PAGE TOP
まずはコーチング体験セッション!